42%
  18%
  70

渋谷教育学園幕張中学校

「自調自考」を掲げる。何事にも諦めることなく、積極的に取り組むことのできる、高い倫理感と国際人の資質を備えた人間を育成する。

千葉市美浜区若葉1-3 海浜幕張駅10


 
ウィズコロナ時代の新教育像 「完全オンライン授業」に脚光(産経新聞)
 1
新型コロナウイルス感染症対策として、教育現場でオンライン学習が関心を集める中、毎日6時間の授業を全てオンラインで行い、31日に1学期の終業式を迎える学校がある。私立中高一貫校のかえつ有明中・高校(東京都江東区)。完全オンライン授業は、私立中高一貫校でも都内で数校程度といわれ、コロナとともに暮らす「ウィズコロナ」時代の新しい教育像として、動向が注目される。 
自由参加の放課後ゼミで、広がる生徒の知的好奇心…農大一
 1
東京農業大学第一高等学校・中等部(東京都世田谷区)は2018年度から、生徒の知的好奇心を刺激するため、放課後に幅広いテーマでゼミ形式の授業を実践している。「一中一高ゼミ」と名付けたこのゼミは、教員たちが自分の得意分野で開講し、生徒は中高を問わず希望者全員が参加できる。今年度は難関大受験者を対象とする「Tゼミ」も開講した。これらのゼミを始めた背景や、取り組みの内容について取材した。 
「中高一貫校」学校選びのポイント、保護者に必要な心構えとは
 4
 中学入試の受験率は、高大接続改革の発表以来、連続で増加しているという。特に近年は付属校の人気が高く、その傾向もまだ続いているようだ。中学受験部の茅野達也主席は、その理由として保護者の不安感を指摘する。

「私立大学の定員数厳格化で、MARCHレベルの難度が上昇していること。また、大学の推薦入試の枠が広がって一般入試が厳しくなること、さらに大学入試改革への不透明感があり、早めに大学への切符を確保したいという保護者の方々の意向があります」

 一方、大学側も早めに優秀な学生を集めたいため、積極的に付属校・系属校を増やしている。保護者と大学側のニーズが一致して、付属校人気が高まっているのだ。

 もう一つの理由は、社会が多様化していること。何がなんでも偏差値の高い有名大学を目指すという価値観から離れ、子どもの才能をじっくり育てたいという保護者が増えている。無理な先取りをしない付属校で、伸び伸びと育てたいというニーズがあるのだ。 
「国際コース」新設で英語力の高みを目指す…江戸川女子
 5
 江戸川女子中学校・高等学校(東京都江戸川区)は来年度、中学校に「国際コース」を新設する。少人数制・レベル別で英語に特化したカリキュラムとなっており、中高一貫の教育により、文系・理系を問わず、国内外の難関大学への挑戦を可能にするという。同コース設置の背景や、プログラムの内容などを取材した。 
「中学受験」で親が第1にすべきは、塾を正しく決めて成功確率を高めることだ
 5
中学受験は親子で一緒に1000日間のマラソンを走るような一大イベントだ。その主体は子どもであり、ペース配分を考えたモチベーションの持続に加えて、数百万円を投じるプロジェクトでもあり、達成すべき目的とやるべきことを親がしっかりマネージメントすることが成功の決め手となる。 
新4年生 中学受験に向けての入塾試験の対策は必要?【中学受験】
 7
入塾試験対策はしなくとも大丈夫、「出会った塾がよい塾」という気持ちで
入塾試験でよい成績を取ってできるだけ上のクラスにお子さんを通わせたいので、事前に入塾試験対策の勉強をさせたり、複数回入塾試験を受けさせてよい成績がとれたタイミングで入塾させたりするというお話もお聞きします。しかし、これは私はあまり意味がないと考えています。確かに、入塾試験の成績によって上位から下位のクラスに分けられますから、できるだけ上のクラスにという気持ちは理解できますが、入塾後も定期的にクラス分けテストは行われます。あまり最初のクラス分けに保護者がこだわりすぎると、お子さんへのプレッシャーにもつながります。

また、純粋に入塾希望者のためだけに行われる試験を受ける場合と、その塾の生徒さんと一緒に受ける場合とで入塾試験の難易度に差があることを気にされる保護者のかたもいらっしゃいます。しかし、どちらを受けたかということはそれほど重要ではなく、入塾の可否に差が出たり、クラス分けに影響が出たりということはあまりありません。 
私立中高一貫校「広尾学園」では、全ての授業をオンラ…|オンライン授業、準備加速も課題… 写真1/2|イザ!
 8
私立中高一貫校「広尾学園」では、全ての授業をオンライン化。世界史の授業では、教員がテレビ会議システムで生徒らと双方向でやりとりしながら進めていた=5月、東京都港区1/2枚  東京都などの都市部を中心に再び新型コロナウイルスの感染が拡大する中、オンライン授業の導入準備に追われる学校現場の課題が浮かび上がってきている。政府は来年4月までに全ての小中学生に学習用の端末を配り終える構想を描くが、教員にとっては教室のように児童生徒への細やかな目配りが難しく、子供の意欲次第で理解度に大きな差が生じてしまう懸念もあるなど、乗り越えるべき問題は多い。 
「塾なし」のお金をかけない中学受験は成功するのか? 年収500万円前後のシングルマザーが立てた作戦とは
 9
中学受験はお金の話とセットで語られることが多い。私立中高一貫校の場合、6年間の学費は600万円超と言われ、また受験対策のための塾代が小学4〜6年生までの3年間で、200〜250万円程度になることが普通。さらに「合格切符のためなら何でもする!」とばかりに、塾のほかにプロ家庭教師を頼む家庭も別に珍しいことではなく、とにかく中学受験にはお金がかかるのである。

 こうなると、そもそも中学受験は、私立中高6年間の学費を払える裕福なご家庭のするもの、また、高額な塾代や家庭教師代にお金を回せる財力が「合格」を左右すると思われるかもしれない。確かにその傾向はあるものの、一方で「お金をかけない中学受験」という道を進む親子も稀ではないのだ。 
知らないうちに追い詰めている!? 子どもを不幸にする親のNG言動8つ(2020年7月24日)|BIGLOBEニュース
 11
「子どものため」よかれと思ってが……
「子どものため」と思っていた言動が、実は子どもを追い詰めているとしたら? 「子どもが幸せになれるか」より、「子どものために何をしてあげるか」を熱心に考え始めたとき、親子のボタンの掛け違いが始まるのかもしれません。

子どもを追い詰める親の言動とは……
どのような言動が子どもを追い詰めるのでしょうか?

1.「あなたは○○だから」と言い続ける
「あなたは何をやっても下手」「乱暴者」といった決めつけや、「幼稚園にいく子が好き」「お勉強をする子がいい子」と、愛情を条件に行動を促すことで、子どもに必要な自己肯定感が育たないことがあるようです。

2. パパは注意! 育児の責任をママに丸投げ 
Withコロナ時代の2021年中学入試(2)…北一成
 15
「学校の存在意義」そのものを考えさせたコロナ禍

 コロナ感染対策の緊急事態宣言が5月25日にようやく解除され、6月からは多くの学校で登校が再開されました。春休みも含めて「学校に通えない」期間は3か月に及びましたが、多くの私立中学校・高等学校は、決して「生徒の学びを止める」ことをしませんでした。

 大半の学校がオンラインや郵送、宅配便など、あらゆる可能な手段を使って、教科書や教材、課題を届け、生徒が「学び続けることができる」状態を全力で作りました。なかでも、オンラインを使って生徒とのやり取りを継続、再開し、登校できない環境下でも「学校を再開」していた私立中高が多かったのです。 
中学受験に備えて、取り組んでおきたい夏休み学習のポイント【中学受験】
 17
中学受験を目指す小学生にとって、夏休みはまとまった学習時間がとれる大事な時期です。今年は1学期の休校の影響で短い夏休みとなる地域も多いため、限られた時でどのような学習に取り組めばよいのか、森上教育研究所がお伝えします。 
子どもの「心の強さ」は親次第!? 和田秀樹さんが教える子育てノウハウ 『「心が強い子」は母親で決まる!』 | J-CAST BOOKウォッチ
 17
 精神科医で長年受験・教育に携わり、『自分は自分 人は人』(三笠書房)、『受験は要領』『勉強できる子のママがしていること』(共にPHP研究所)など多数の著書を世に送り出してきた和田秀樹さん。



 2020年7月17日に単行本『「心が強い子」は母親で決まる!』(三笠書房)を上梓した。曰く、「子どもの心の成長にとって、傷つき、傷つけられる経験は絶対に必要なことだが、少しでも何かがあると心がポッキリ折れてしまう子どもが増えている」という。 
社会貢献できる人間を育てる「挑戦のプラットフォーム」…青稜
 19
青稜中学校・高等学校(東京都品川区)で今春、多年校長代行を務めてきた青田泰明やすひろ氏が校長に就任した。「社会に貢献できる人間の育成」を建学の精神とする同校は、時代の変化に適応した人材を送り出すため、常に新しい教育にチャレンジしてきた。休校中だった6月18日、同校を訪れて青田校長に今後の取り組みや抱負を聞いた。 
中学受験の天王山なのに…コロナで短くなった「夏休み」 学校と塾の勉強の両立は大丈夫? 専門家に聞いた(まいどなニュース)
 20
コロナ禍で初めての夏休みがやってくる―。夏休みは、来年の中学受験を目指し、日夜勉強に励む小学6年生の子どもたちにとって総復習に取り組むための大切な時期。しかし今年の夏休みは短く、受験勉強に費やすまとまった時間が十分に取れるかどうか、あるいは、学校と塾の両立で子どもたちの体力や気力が続くかどうか…といった保護者の間で不安な声が広がっています。そんな不安を少しでも払拭していただこうと、首都圏で延べ3000人以上の子どもたちを指導してきたというプロ家庭教師と、中学受験専門メンタルトレーニングコーチのお二人にコロナ禍で受験勉強を乗り越えるための“対策”や“心構え”についてお伺いしました。 
「社会との関わり」を問う「探究」を成長のステップに…自修館
 20
 自修館中等教育学校(神奈川県伊勢原市)は今年度、開校当初からの必修授業「探究」を、「社会との関わり」を中心軸とするプログラムへと刷新した。授業の対象もこれまでの1~4年生から全学年に拡大し、将来「社会を良い方向へ導く人」になれる基礎を身に付けさせたい考えだ。この新しいプログラムと、生徒たちの活動の舞台としてリニューアルされた図書館について紹介する。 
中学受験塾のトップに君臨……「神童」と呼ばれた息子が、最難関私立でつまずいてしまったワケ
 22
 “親子の受験”といわれる中学受験。思春期に差し掛かった子どもと親が二人三脚で挑む受験は、さまざまなすったもんだもあり、一筋縄ではいかないらしい。中学受験から見えてくる親子関係を、『偏差値30からの中学受験シリーズ』(学研)などの著書で知られ、長年中学受験を取材し続けてきた鳥居りんこ氏がつづる。 
中学入試担当と個別相談、Zoomで7月18日…本庄東
 28
 本庄東高等学校附属中学校(埼玉県本庄市)は7月18日、オンライン個別相談会を開催します。ビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」を使い、入試担当教員と相談ができます。小学生と保護者が対象で、参加には予約が必要です(先着10組で定員になり次第締め切ります) 
オンラインで進路考える、東大生のOGらアドバイス…湘南白百合
 28
 湘南白百合学園中学・高等学校(神奈川県藤沢市)は6月の土曜日に3回にわたり、「オンライン自習室」で進路を考えるイベントを催しました。ビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」を使い、東大生のOGら現役大学生から、進路選択や受験勉強などのアドバイスを受けました。 
来校者たちを感動させた生徒が作る学校説明会…白梅清修
 29
 白梅学園清修中高一貫部(東京都小平市)は今年度、生徒が主体となって企画運営する新しいスタイルの学校説明会を実施する。6月13日の第1回学校説明会では、司会進行や学校の特色説明、校舎の案内からネット中継まで生徒が主体となって切り盛りした。この日の様子を紹介するとともに、運営を受け持った生徒らに話を聞いた。 
男子御三家「武蔵」が募る、「REDプログラム」とは何か(ダイヤモンド・オンライン)
 34
 東京・男子中高一貫校の御三家のキャラクターは結構異なり、武蔵中高の出身者には研究者が多いイメージがある。海外でも活躍できるような科学者を志す中高生対象に提供されている、学習の成果が目に見えて感じられる「Musashi REDプログラム」について今回は見ていこう。